借金を抱える認知症の両親と生きる

家族はかけがえのないものだから

ギャンブル以外の趣味がなかった父

更新日:

老いというべきなのでしょうか?

それとも認知症が進行したというべきなのでしょうか?

現実は残酷だった…

父はタイトルにあるように競艇以外の趣味がありませんでした。

家にいるときは母の話では寝ていることが多かったみたいです…

昔は家の掃除とかもしていたみたいですが。

競艇を失ってからは昼くらいまで寝ていることが増えたみたい。

週末はバイトに行ったりもしてたみたいです…

1年前にできていた事ができなくなった事が増えたらしい。

この頃は車も乗っていて、

母がその時に異変に気付いたらしいのです!

家の近所(家から5分くらい車で)の周辺を運転していて、

父が突然、

ここからどうやって家に帰ったらいいかわからん。

と言い出したらしいです…

実家にある車はボロ車(10年以上も前の軽自動車)だったので、

カーナビみたいなハイカラなものはありません!w

私が助手席に乗っていて、

ここどこかわからん!って言われたら助手席に乗っていたら…

恐怖すら覚えます…

完全にこの頃は認知症間違いなしだと思いますね。

記事フッター


 

初心者ですがランキングに参加中です。
ついに4位前後まで来ることができました。さらに上を目指して頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ   

ポチッとしていただくだけでとても喜びます。

ここまで読んでくださりありがとうございます。
日々問題を抱えながらも毎日更新しています。
明日もお越しくださいませ<m(__)m>

人気記事

-,

Copyright© 借金を抱える認知症の両親と生きる , 2020 All Rights Reserved.