借金を抱える認知症の両親と生きる

家族はかけがえのないものだから

財産を失い、認知症を発症した父。

更新日:

持っていたお金や資産を全て競艇に捧げた父。

残されたのは借金だけ…

お金がなくなり競艇も辞めて、そして襲ってきた認知症の事実。

家から散歩に出かけても帰ってこれない。

最寄りの駅まで行けるかどうかというレベル。

もし行けたとしても帰って来れない。

それでも不思議な事もあってバイト先には行けてる…

バイト先は遠くて当時はまだ車で行ってました。

今は同じ職場の人に拾いに来てもらっています。

これまで悪い事ばかり話してきたけれど悪い事ばかりでもないです。

父は80代だけどまだバイトに行っている。

週末だけだけど。

認知症が原因で色々問題になる事も多いけど、

それでもこうやって家族が元気で暮らしてる事は嬉しいですね。

貯金もなくて借金ばっかりだけど少しずつ返していかないといけません。

業者にも親戚の人たちにも。

記事フッター


 

初心者ですがランキングに参加中です。
ついに4位前後まで来ることができました。さらに上を目指して頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ   

ポチッとしていただくだけでとても喜びます。

ここまで読んでくださりありがとうございます。
日々問題を抱えながらも毎日更新しています。
明日もお越しくださいませ<m(__)m>

人気記事

-,

Copyright© 借金を抱える認知症の両親と生きる , 2020 All Rights Reserved.