借金を抱える認知症の両親と生きる

家族はかけがえのないものだから

日本政府よ、日本人の命はそんなに安いのか?

更新日:

昨日、人としての道を忘れかけていた私と父。

 

貧乏に心まで浸食されて危うく人として終わるところでした…

 

そんな中、今日ヤフーニュースで見ました。

 

コロナウイルスの影響で社会経済への打撃がかなり大きいと。

 

そこで日本政府は1人当たり12000円の給付を検討してるらしいです。

 

リーマンショックの時と同じです…

 

あの時も12000円の給付がありました。

日本政府が12000円の給付を検討してる中、

 

近くの香港の政府は国民1人に対して14万円以上の給付を検討してるらしいです…

 

10倍以上の差…

 

これって…?

 

12000円なんか給付しても経済が回復する訳ありません。

 

失われた20年間から何も学んでいない政府のお偉いさんたち。

 

大企業でさえ新社会人の内定取り消しなどに走っているのに、

 

中小企業はもっと深刻なダメージを追ってます…

 

このまま中小企業がどんどん破綻すれば日本は終わりです。

 

既に高齢化が進んでいて終わりだと言われているのに。

日本政府に物申す!

 

12000円じゃ全然足りないですよ!

 

日本人の命はそんなに安いのか…?

 

少し過激な話題に真剣に触れてみました。

 

私も借金で苦しんでるけど、

 

それ以上にコロナで苦しんでる人たちがいますからね…

 

みんなが笑顔になれればいいのに。

 

そんな豊かな国の日本はどこに行ってしまったのか…

 

少し悲しいですね…

記事フッター


 

初心者ですがランキングに参加中です。
ついに4位前後まで来ることができました。さらに上を目指して頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ   

ポチッとしていただくだけでとても喜びます。

ここまで読んでくださりありがとうございます。
日々問題を抱えながらも毎日更新しています。
明日もお越しくださいませ<m(__)m>

人気記事

-
-, ,

Copyright© 借金を抱える認知症の両親と生きる , 2020 All Rights Reserved.