借金を抱える認知症の両親と生きる

家族はかけがえのないものだから

死に物狂いで生きる

更新日:

今日もいつもの医療現場に現実をお届けしてから本題に入ろうと思います。

 

私は病院で働く臨床検査技師です。

 

私の働く病院でも医療物資が全く入らなく困っているのが現状です。

 

まず今言われているマスク不足が更なる問題を生んでいます。

 

前までは1日に1枚でしたが、今は1週間に1枚になりました。

 

今後、在庫がなくなり次第マスクの支給がなくなります。

 

マスクの支給がなくなろうとも仕事は続けていかないといけません。

これはうちの病院の上からのお達しです。

 

マスクがなくなり次第支給はありません。自分自身でキッチンペーパーやティッシュを用いてマスク代わりとしてください。マスクは在庫がある限り支給いたします。

 

コロナ疑いの患者さんも多く来院します。

 

その中で働く中でマスクなし、もしくはマスクの代用品で働く。

 

アルコールジェルやガウンに続き、マスクの下に使うガーゼ類もうちの病院では入ってこなくなりました。

 

医療崩壊は人と物資の両方で確実に進んでいます…

これはうちの病院のリアルです。

 

それでも働かないといけない。

 

借金がなくて貯金があれば、別荘に疎開。みたいな選択肢もあったのかもしれません。(もちろん別荘などありません)

 

コロナ疎開。

 

私はコロナに罹患するまで病院で働き続けます。

 

もし働けなった時はそういう時です。

今日の本題に入っていきます。

 

無事に年金が入り親族に借金返済を行いました。

 

家では色々と問題が起こっていますが、

 

もう小さいケンカとかは気にならなくなりました。

 

下の階のおばさんも今のところ静かにしています。

 

父が警察を呼んだ事がいい意味で何か効果を示しているのか?

 

たまたまかもしれませんが…

 

冷静になって考えてみました。

 

普段の生活費は私の給料頼みです。

もし私がコロナに感染した場合➡即終了。

 

借金は返せない、生活はどうにかできたとしても。

 

コロナにかかる可能性は日々増えています。

 

感染者はどんどん増えています。陽性とわかっていないだけで、

 

実際にはもっと多くの患者さんがいます。

 

私の家の場合、狭い家なのでコロナに感染したら家族にすぐに蔓延します…

 

父と母も高齢なので、

 

完治する可能性は低いかもしれません。

 

もちろん私も無事に完治できるかわかりません。

コロナに感染したから借金返せません。

 

現実にはそうでも消費者金融の人は待ってなんてくれません。

 

待ってほしい…けど。利息もなしにしてほしい…

 

話の最後に。

 

コロナの影響で父のバイトが終わりました…

 

今週から父も無職、母も無職。

 

コロナが終息すればまたバイトに行けるかもしれません…

 

お金もそうですが…

 

これで父は家からほとんど出なくなってしまうので、

 

更に認知症が進行するのは確実です…

 

弱り目に祟り目です…。

記事フッター


 

初心者ですがランキングに参加中です。
ついに4位前後まで来ることができました。さらに上を目指して頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ   

ポチッとしていただくだけでとても喜びます。

ここまで読んでくださりありがとうございます。
日々問題を抱えながらも毎日更新しています。
明日もお越しくださいませ<m(__)m>

人気記事

1

昨日から父の様子が少しおかしかった。   母も母でおかしかったんですが…   父は最近仕事をずっと辞めたいと言っています。   今までもたまにはありました。(仕事と言って ...

2

家に泥棒が出る。   借金を早く返せと親族から連絡もくる。   消費者金融の高い利息でもうんざりしてるのに。   そこにきて父親が財布からお金を抜く。   うち ...

-
-, , , , ,

Copyright© 借金を抱える認知症の両親と生きる , 2020 All Rights Reserved.