借金を抱える認知症の両親と生きる

家族はかけがえのないものだから

深夜の大事件+弁護士事務所に行ってきた話

更新日:

こんばんは、臨床検査技師の舞です。

 

今日の深夜2時に事件が起こりました。

 

私はその時間、夢の中にいました。

 

もうはっきり言って爆睡していました…

 

ですが…、深夜二時(これは後から気付くことですが展)

 

母がかなり大声で怒鳴り散らしていました。

嫌でも起こされます。

 

その怒りがかなり度を超えていた声だったからです。

 

イメージとしては…

 

火事で周囲に知らせないといけないくらいの大声でした(もちろん火事ではありません)

 

寝起きの私の頭はぼっーとしていました…

母の怒鳴り声。

 

それは父に対してでした。

 

家は狭いのと防音性は弱いので、

 

母が叫べば嫌でも聞こえます。

 

聞きたくもないけど。

 

聞いているとベランダで何かを洗ってる声がしました。

 

だいたいわかります。

 

また父がやらかしました…

今までは深夜に漏らすことありませんでした。

 

ですが…今はもう深夜でも漏らすみたいです…(今朝が初めて?)

 

はっきり言ってしまって地獄です。

 

深夜の怒鳴り声と、

 

悪臭でとてもじゃありませんが、

 

寝ている場合ではありません。

 

寝ていたいですが…

ちょっと長くなってしまったから…

 

ここからは弁護士事務所に行ってきた話に切り替えます。

 

父は行きませんでした。

 

もう覚えてもいないので、来ても同じか邪魔になるので、

 

弁護士の先生に許可を取ってから、

 

父を連れてきませんでした。

結果から言いますが、

 

かなり厳しいと言わざるを得ないです。

 

ギャンブルで作った借金なので…

 

しかもそれを反省していない(認知症のせいで)

 

免責を得られる可能性はすごく低い…

 

それでもしますか?と聞かれました…

自己破産に強い弁護士の先生が言うのだから…

 

たぶん免責を勝ち取るのは厳しいのでしょう…

 

なんとなくわかってはいました。

 

そこから先生に相談しました。

 

もし自己破産で免責が得られない場合は…

 

諦める!ということにはなりませんでした。

自己破産で申請してみて、

 

もし仮にダメな場合は、

 

他の債務整理に切り替えるしかないと。

 

個人再生か任意整理か…

 

ただ父の収入もかなり少ないので…

 

免責を勝ち取るのが一番だという話です。

 

それが無理な場合はどちらかは通るようです…(弁護士の先生談)

少しでも、

 

免責を得られるために、

 

父の認知症の診断書を出すみたいです。

 

病気による過去の記憶喪失。

 

それでもかなり厳しいみたいです…

 

おまけに個人再生とか任意整理に切り替えても、

 

また弁護士費用は必要になります。

 

どうなるかわかりませんが、

 

自己破産ですすめてみます…

記事フッター


 

初心者ですがランキングに参加中です。
ついに4位前後まで来ることができました。さらに上を目指して頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ   

ポチッとしていただくだけでとても喜びます。

ここまで読んでくださりありがとうございます。
日々問題を抱えながらも毎日更新しています。
明日もお越しくださいませ<m(__)m>

人気記事

1

昨日から父の様子が少しおかしかった。   母も母でおかしかったんですが…   父は最近仕事をずっと辞めたいと言っています。   今までもたまにはありました。(仕事と言って ...

2

家に泥棒が出る。   借金を早く返せと親族から連絡もくる。   消費者金融の高い利息でもうんざりしてるのに。   そこにきて父親が財布からお金を抜く。   うち ...

-
-, , , , , ,

Copyright© 借金を抱える認知症の両親と生きる , 2021 All Rights Reserved.